MINOHMAN'S SNAPSHOTS

ミニバスケも卒業!

e0123351_21123878.jpg


小学校卒業ということで、ミニバスのチームからも卒業です。

今回のスナップは4年生から通っていた隣町にある阪急石橋駅近くの小学校を拠点とするチーム。

我が家がバスケと出逢うことになったチームです。

一緒に通った長男が1年で卒業して、最初にチームに誘ってくれた友達が自然に辞めてしまって、

近隣の知り合いが誰もいない状態になった5年時にはモチベーションが下がって腐っていた時期もありましたが・・・

そこを頑張って乗り越えて、6年時にはチームメイト全員一致でキャプテンに選ばれました。

バスケをしていることが自分の小学校でも広まって家の最寄りの別のチームからも誘われるまま加入し、

2チーム掛け持ちで週3~4でバスケに明け暮れた大変だけど充実かつ飛躍した1年間となりました。


こちらのチームはとにかく子供の可能性を潰さず、褒めて、バスケの楽しさを教えてくれる方針。

本当の勝負は高校生、小学校の間は時に甘いかもしれないけど、過度なプレッシャーを決して与えない

と率いるコーチも揺るぎない哲学を持っています。もう一つの所属していたチームとは180度違う雰囲気。

両方経験して言えるのはどちらも正解。両方経験できたことは次男にとってかけがえのないものになった筈。

e0123351_21131754.jpg


卒業する6年生達。う~ん・・・男女通じて1番背が低いです。

家の中の態度とはちょっと違って、少しばかり?シッカリしています。同学年や下級生から凄く慕われているんです。

あと、誰に対しても目線を変えず分け隔てなく接するんですよね。その辺りなのかな?

このことは親にとっては嬉しいオドロキでした。

下の写真、プレゼントを渡されているときに、みんなからなんかツッコミ受けています。

e0123351_21134551.jpg


運営されている責任コーチが下級生の前で、卒業生1人ずつ講評して送り出してくれました。

次男は、「みんな、タイヨウはドリブルも上手い、パスもとても上手いよな、でもコーチが見ていて一番凄いな、と思ったのが

ディフェンスする姿勢。相手を絶対後ろに行かせるものかという気迫、そしてチームに対する責任感を凄く感じた。

みんなあのプレーこそ見習うべきやで。タイヨウ、長年見てきた中でも屈指のガードプレーヤーに成長したよ。卒業おめでとう!」

とてもジ~ンときました。

本当にありがとうございました!
[PR]
by minohman | 2015-03-31 23:00 | et cetera